概数を求めなさい


大人になると、算数の概念はよくわかっていても、
細かな定義名や言い回しはわからなくなってしまいます。

そこで詰まってしまった小学4年生の概数を求める問題。
言い方によって、どこまでを省略するか、わからなくなってきました。

そこで復習してみます。

<問題パターン 1>
「●の位までの概数を求めなさい」

例えば、
・31325の千の位までの概数は31000⇒「三万一千」
・3524891の千の位までの概数3525000⇒「三百五十二万五千」

つまり、「千の位までの概数」と聞かれると、
「・・・・〇千」と言い終わることが必要です。

このとき注意が必要なのは、
千の位を見て四捨五入するのではなく、
千の位をいくつにするかを決めるために、その一つ下の百の位を見て
繰り上げるか、切り捨てるかを決めるのです。

<問題パターン 2>
「上から△桁までの概数を求めなさい」

例えば、
・88788の上から2桁までの概数=89000⇒「八万九千」
・5231の上から2桁までの概数=5200⇒「五千二百」

つまり、「上から2桁までの概数」と聞かれると、
「〇●〇●」(〇は数字、●は桁)と、必ず二つの桁しか出てきません。

このときは、上から3つめの数字を見て、
繰り上げるか、切り捨てるかを決めるのです。

ポッ!プりんとを使って
計算練習プリントを作成!

「=」を並べることは大切です!


今回は、カッコの計算の書き方です。
前回、以下のように書きました。

(5+10+50+100+500)×5
=    665      ×5
=3325

何も考えないと、以下のようにやっていませんか?

(5+10+50+100+500)×5=665×5=3325
とか
(5+10+50+100+500)×5=665×5
=3325

最初に計算したときはそれほど気にならないかもしれませんが、
見直しがしづらいです。

(5+10+50+100+500)×5
=    665      ×5
=3325

と書いておいて、
上から順に=が繋がっているので、
1段目と2段目が同じだな、2段目と3段目が同じだな、
という風に見直して行けます。

自分の苦手な掛け算だけ見直ししたいときは
2段目と3段目が同じことだけ確認すればOKです。

また、「5+10+50+100+50=665」だけを確認するのも見やすいです。

解いていくときの書き方って、結構大切です。
まとめますね。
<注意事項>
(1)「=」は必ず下に書く
(2)計算する前と計算した後のものが上下同じ場所にくるように書く
(3)まだ計算に使っていない演算や数字はそのまま下に書く

以上です。
難しい計算になればなるほど、これが役に立ちます!
簡単な計算のうちに慣れておきましょう!!

ポッ!プりんとを使って
計算練習プリントを作成!

覚えよう!25の倍数


15の倍数とか、25の倍数とかは
覚えておくと計算が早くなります。

例えば、
150÷23はどうしますか?
まともに筆算をしてもいいですが、
150÷25で概ね「6」。
そして、6回分「2」が余ったわけですから、
余り12です。

160個のアメを6人で分けるときも簡単ですね。
だいたい25個ずつだけど10余るな。
あと1個ずつ配って、ひとり26個。
残り4個です。
3年の娘に、25の掛け算に慣れる練習をしました。
こちらでお試し版あります。
https://poprint.club/

最初は、いくら言っても筆算をしていましたが、
ようやく、
25が2で50。
6だったら、それが3個なので150。
とかいうことが少しずつわかってきました。
プリントを終える時間も早くなりました。

絶対、感覚を覚えたほうが早いです!
意外に、これが使えることって多いです。

25の倍数。
せめて25×8=200くらいまでは覚えてください。

25×9は200に25を足します。
25×11は10倍の250に25を足します。
25×15は10倍の250に125を足します。

是非、覚えてくださいね。

1000円を4枚に切れば、1枚250円なんだ~
みたいなイメージです。

ポッ!プりんとを使って
計算練習プリントを作成!

数学の文章問題は手を動かすことが大切です!


中校生になって、数学の文章問題を読んで、
そのまま固まってしまうことはなかったですか?

そりゃあそうです。
全体を見て考えようとすると、
あまりにも果てしなくて止まってしまいます。

なので、まずは、わからなくてもいいんです。

文章問題にあることを、読みながらどんどん図式化したり、書き出したりします。

フリーズしてしまうと、そのままずっとフリーズ状態なので、
とりあえず、問題にxとあれば「x」と、aとあれば「a」とだけでも書きます。

一次関数を求めなさい、とあれば
「y=ax+b」と書いてみます。

そして、座標軸のうえに直線を書いてみましょう。
そのとき、

・右上がりにしようか左上がりにしようか、
・Y軸との交わりを正にしようか負にしようか

とか悩むでしょう。

わからなければ、全部書いてみればいいんです。

でもきっと、
問題を読み進めるうちに、
どこかにひとつやふたつは、それがわかる情報が出てくるものです。

だから、手は絶対に止めないでください。
図を描いているうちに、

「こうなればいいのに」
「ここだったらいいのに」

と思っていることが、

「あ、こうなってくれる!」
「あ、ここでつじつまが合う!」

とかなってきて、問題を解くカギが少しずつ浮かんできます。

ぜひ、やってみてください。

自分が書いたものが意味をなすかどうかは、
書くことがなくなったときに考えればいいんです。

ポッ!プりんとを使って
計算練習プリントを作成!

覚えておきたい掛け算、割り算


もう何年前からでしょう。
4人家族の我が家では、パスタは500gを全部茹でて、ペロッと食べます。
小3と中3の娘がふたり。

かなり前からこの状態で、すごい大食いだな~とは思っていますが、
子どもが大きくなったからといって、これが増えてくるわけでもありません。

上の娘はダイエットも気になりますしね。
さて、簡単ですね。
ひとりどれだけの量を食べているでしょう。

500÷4=125 答え.125gです。

 

ところでこの計算、筆算をしなくてもいいように覚えてしまいましょうね。

1000÷2=500
500÷2=250
250÷2=125
100÷2=50
100÷4=25

 

逆に、
25×2=50
25×3=75
25×4=100
25×5=125
25×6=150

150×2=300
150×3=450
150×4=600

ポッ!プりんとを使って
計算練習プリントを作成!