お小遣いをもらってお出かけ


映画館でポップコーンとドリンクを飲んだ子どもたち。
ふたりで1100円でしたので、一人は
1100÷2=550円でした。

で、子どもたちはお小遣いで1300円持って行っていました。
あと昼食代に使えるのはいくらでしょうか?

1300-550=750円

750円も使えます!!

最悪、スーパーでオニギリ2個でもいいかと思っていたのに。
帰ってきたら余ったお金は103円だけでした。

さて、昼食にはいくら分食べたでしょうか?

750-103=647
答え 647円

ちなみにパン屋さんに行って、
サンドイッチと菓子パン1個食べたそうです。

ポッ!プりんとを使って
計算練習プリントを作成!

シェアするのにも悩む優柔不断な二人


子どもたちがふたりで映画鑑賞。
ポップコーンを食べるか否か。
食べたいけど、いっぱいは食べられない~。

ポップコーンLとドリンクM2杯で1150円
ポップコーンMとドリンクM1杯で750円
そして、ドリンクMは1杯350円です。

さて、ドリンクMをひとり1杯ずつ。
ふたりでポップコーンをひとつ買った場合、
LとMではいくら違うでしょうか?

答え
ポップコーンMとドリンクM2杯の値段は
750+350=1100 1100円

1150-1100=50

ポップコーンがMからLに変わっても
たったの50円しか違いがありませんでした。

でも、せこい娘たち。
要らないものを買うよりは少しでも安くと
50円安い、ポップコーンMにしたのでした。

結果、1100円で、
10円単位で割り切れて良かったね。

ポッ!プりんとを使って
計算練習プリントを作成!

餃子100個焼いたら、、、


今日は餃子。

ジャスト100個!作りました。

3種類作ったので、順番に焼いていきます。

1回目はシンプルに普通の餃子。

2回目はチーズ入り餃子。

3回目は大葉入り餃子。

そして、2巡目、、、

 

と、どんどんみんなの口に入っていって、ようやくギブアップの時が来ました。

残り29個。

さて、みんなでいくつ食べたでしょうか?

100-29=71

4人で71個です!

これって多いの?少ないの?

ポッ!プりんとを使って
計算練習プリントを作成!

西暦10000年


スマホのカレンダーが「10000年まで表示された!」と娘。
それって、いつ?
あと何年後?

10000
– 2019
——–
7981

筆算でやれば簡単ですが、暗算でやろうとしていた娘は
「7081!」
う~ん、なんとなくわかる気はしますが、
1000の位、100の位、10の位、、、
とひとつひとつ考えていきましょう。

ポッ!プりんとを使って
計算練習プリントを作成!

数学的センスの有無を探る


さて、前回は(我が家にとっては)高級苺を3人で分けたわけですが、
何故か、ここで「数学的センスがあるかどうか」の話に。

親からすると、
計算は早いけど数学的センスのない姉。
計算は姉には及ばないけど数学的センスのある妹。

(本当なら、そういうこと口にはしないんですが、、、
あなたはあなた、君は君、ということで話してます)

で、どういうところでそういうかということで、一発問題。

早口で問題出して、即答です。

問題
次のどっちの苺をとりますか?即答してください。
(1)50個から14個取ったもの
(2)20個と40個足したもの

答えは二人とも即答で(2)でした。
でも、そこで違いが出るんです。

計算の早い姉は、
(1)をまず計算し始めて(2)を計算しかけて、お!っと思い(2)を選択

計算ができずに取り敢えず問題を聞いていた妹は、
(2)を聞いた瞬間に計算をしかけることもなく(2)!と回答

そうです。
20と40を足すと聞いただけで、計算をしようと思わなくても「60」が頭に浮かび、
50からいくら引こうと絶対に多いんです!

今回は流石に高1と小4という年齢差があり引き分けになりましたが、
これがふたりとも同じ小2くらいだったら、、、、
明らかに妹の勝ちだな~。

ポッ!プりんとを使って
計算練習プリントを作成!