恐るべし!お釣りを即座に暗算で計算!!


b_20180405_newspaper

新聞屋さんの集金。
今どき、電卓も使わずに暗算で全て行っていきます。

宅急便の代引きもそうですね。
(すっごい簡単な計算でも、電卓で確認するように教育しているところも多そうですが、、、)

 

3,775円

突然(ではないのでしょうが)にやってきても、
やっぱり丁度はないですね。

で、今回出したのが、4,025円。

さてお釣りは?
いとも簡単に暗算してくれました。
答えは「250円」です。

皆さん、どうやってやっているのでしょう?

とりあえず、私は次のように考えます。

25円余分に払ったので、
あと4,000円で残りの3,750円分を払います。
4,000円-3,750円=250円

250円!です。

覚えよう!25の倍数


all

15の倍数とか、25の倍数とかは
覚えておくと計算が早くなります。

例えば、
150÷23はどうしますか?
まともに筆算をしてもいいですが、
150÷25で概ね「6」。
そして、6回分「2」が余ったわけですから、
余り12です。

160個のアメを6人で分けるときも簡単ですね。
だいたい25個ずつだけど10余るな。
あと1個ずつ配って、ひとり26個。
残り4個です。
3年の娘に、25の掛け算に慣れる練習をしました。
こちらでお試し版あります。
https://poprint.club/

最初は、いくら言っても筆算をしていましたが、
ようやく、
25が2で50。
6だったら、それが3個なので150。
とかいうことが少しずつわかってきました。
プリントを終える時間も早くなりました。

絶対、感覚を覚えたほうが早いです!
意外に、これが使えることって多いです。

25の倍数。
せめて25×8=200くらいまでは覚えてください。

25×9は200に25を足します。
25×11は10倍の250に25を足します。
25×15は10倍の250に125を足します。

是非、覚えてくださいね。

1000円を4枚に切れば、1枚250円なんだ~
みたいなイメージです。

消えたサンライズ出雲の旅


b_20180314_sakyu

この春、娘の受験が終わって家族旅行に出かける予定でした。
ずっと、遊びに行けなかったので、
次はハワイか?!
と思ってたら、みんなに
「飛行機こわい~」と言われ、
地味~な国内旅行に。
飛行機だめだと、沖縄も北海道も×
で、出てきた案が、「サンライズ出雲」で鳥取砂丘の旅ですよ。
なんというスケールの小ささ!!!

それでもなんとかチケットも取れ、
家族みんなで、今か今かと楽しみにしていました。

ところがです!
主人がまさかの仕事の可能性

Oh my God!

「お父さんいなくても3人で旅行行く?」と聞くと、
二つ返事。
「行かな~い」
お父さんは幸せだな~。

というわけで、主人の仕事場近くへの旅行に急遽変更となりました。
それなら仕事で抜けても、宿に戻って来られるでしょ。

取られましたよ。
キャンセル料。

3月23日の夜出発予定だったので
・3月3日~16日まで 旅行代金の20%
・3月16日~21日まで 旅行代金の30%
・3月22日      旅行代金の40%
・3月23日の旅行開始前 旅行代金の50%

幸い、一番上の20%

20%って20/100ですよ。

旅行代金が10万円なら
・・・10万円×20/100=2万円

5万円なら
・・・5万円×20/100=1万円

15万円なら
・・・15万円×20/100=3万円
旅行に行けないうえにキャンセル料。
踏んだり蹴ったりです;;;

 

ちなみに、上の分数の掛け算。

最初に20/100を約分して1/5にしたほうがいい場合と

20/100で、5万円とかと分母を約分したほうがいい場合とがあります。

計算は、いつも先のことを考えながらやりましょう。

アイデアは紙に書くといい!?


b_20180312_write

いろいろバタバタとして久しぶりの投稿です。

ついこの間、年が明けたばかりと思っていましたが、
もう、3月も半ばに入ろうとしてますね。

決してサボってたわけではなく、、、、、
いろんなこと、いっぱい膨らむんですが、
いつまで、精根尽きずにできるかしら、、、
、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、とか?
というわけで、アイデアについてググってみたら、
以下の様なことが出てきました。

参考:http://わんだふるらいふ.com/kakidasuzinseikouten

アイデアは書き出すといい!
なぜかというと、
①ストレス解消
②脳が活性化する
③潜在意識に良い影響を与える

これって、この『ポッ!プりんと』と同じことが言えてると思います。

特に②③
詳しくは、実際の記事を読んでみてください。

お年玉の相場、いくらぐらい?


b_20180110_otoshidama

お年玉、いくらあげましたか?

お年玉、お子様たちはいくらもらいましたか?

よく親が、「今年も無事年を越せたねぇ」と言っていましたが、
今になると、よーくその意味が分かります。

お年玉もしかり、おせち料理もしかり、
お正月の食事もしかり。
本当、年を越すにはお金がかかります。。。。

で、お年玉の相場はいくらでしょう?

・未就学児 1,000円
・小学校低学年 2,000円
・小学校高学年 3,000円
・中学生 5,000円
・高校生 5,000円~10,000円

だそうです。
お年玉にもバブル時代はあったのでしょうか?

ところで、お小遣いの相場はいくらでしょう?

・小学校低学年 ~500円未満
・小学校高学年 500円以上~1,000円未満
・中学生 1,000円以上~3,000円未満
・高校生 3,000円以上~5,000円未満

これを見ると、小学生と中学生は、お小遣いに比べてお年玉がぐんと上がります。
特に小学生高学年あたりは3倍~6倍ですね。
お小遣いの半年分が、大人ひとりからボーンと入るわけです。
逆に、高校生はあまり変わりませんね。

で、そのもらったお年玉。
ドーン!と大きいもの買うのかと思いきや、
うちの娘は「将来貯めたお金と一緒に使う」と言って貯金です。

堅実とも言えるが、つまんな~。