覚えておきたい数字その2、25の倍数


プリント

前回、よく使う数字は覚えましょうという話をしました。
1000を半分にしていった数字でしたが、
今回は25の倍数を覚えましょう。

25×2=50
25×3=75
25×4=100
25×5=125
25×6=150
25×7=175
25×8=200

例えば、「175」と聞いたとき、
「25」が7個!とすぐにわかればOK

もし、それがわからなくても
「100」は25が4個で、「75」は25が3個!
というふうに考えてもいいですね。

覚えておきたい数字と意味


b_20171017_oboetaisuji

数の感覚として、以下のものは覚えてしまいましょう

1000÷2=500
500÷2=250
250÷2=125
125÷2=、、、割れません

1000円をふたりで半分こしたら?
1000円を4人で分けたら?
というときに、よく使います。

また、同じことですが、
以下のことも頭に入れておきましょう。

125×2=250
250×2=500
500×2=1000

もちろん、それぞれをバラバラに覚えるのではなく、
どちらかを覚えて入れば、
あとは、「同じことを言っている」ということがわかればOKですね。

算数は意味さえわかれば
覚えなくていいのです!

お財布の中の小銭はなるべく軽くしたいのに、、


b_20171010_saihu

今日買い物でショックなことがありました。

洗剤を買ったら、192円。

財布の中をよ~く見ると、ちょうど191円ならあります。
あと1円玉が1枚あれば良かったのに!!

結局、払ったのは100円玉2枚の200円。

財布の中の小銭は、減るどころか増えてしまいました↓↓↓

でもでも、、、、

192円は
100円玉・・・1枚
50円玉 ・・・1枚
10円玉 ・・・4枚
1円玉 ・・・2枚
合計8枚

本当なら、8枚の硬貨がお財布からなくなるところだったんです!
ところが実際に出したのは
100円玉・・・2枚

お釣りで戻ってきたのは8円なので
5円玉 ・・・1枚
1円玉 ・・・3枚

結局2枚減って4枚帰ってきたので、
財布の中身は最初よりも2枚増えました。

8枚減るはずが2枚増えることとなり、
益々私の財布はパンパンです(涙)

サイコロで計算練習


b_20171002_saikoro

プリントだと計算練習をしてくれない子に、
実はそれは我が家なんですけど、
サイコロゲームをよくやります。

サイコロをふたりで一つずつ持って同時に転がします。
出た目の数を足した答えを言います。

早く当てクイズをすると、流石に勝ってしまうので、
リズムに合わせて答えを言うところから始めています。

10倍の数の掛け算。0を書くだけなのに...


Print

ただ今、下の娘は10倍の数の掛け算。

50×7=350
300×2=600

できるにはできるのですが、合ってるかどうかわからないよう。
掛け算するのはいいんですが、
0を付けるということがわからないみたいです。

大人的には、掛け算ができたなら、
0付ければいいだけでしょ、、と思うのですが。。。。
こういうのはお金だとわかりやすいです。

50円玉が7枚あったら?
35円になっちゃっていい?

300円は100円玉が3枚
これが、もうひと固まりあったら?

それでも、
言われてみればそうなんだけど・・・・
という顔をしていて、何かシックリこないらしいです。

何度も慣れていきましょう。
きっと

「そういうことか!」

と思う日がやってきます。